このページの本文へ移動

平成28年度浜田市弥栄自治区地域協議会(第3回)

2016年 7月 29日

  • 印刷する

会議結果報告
会議名  平成28年度浜田市弥栄自治区地域協議会(第3回)
開催日時  2016年 7月20日(水) 19時00分~21時45分
開催場所  弥栄会館大研修室(浜田市弥栄町長安本郷)
会議の担当課  弥栄支所防災自治課
議題  協議事項 8件
公開・非公開  公開

  

1 協議事項 

 (1) 浜田市議会6月定例会議案概要報告

     6月に開催された浜田市議会の定例会で審議された議案について報告がありました。
 

 (2) 浜田市景観計画ガイドライン策定委員会委員の推薦について

     浜田市において、市内の景観計画ガイドラインを策定する委員に各地域協議会から委員を推薦すること
   となっており、協議を行った結果、弥栄自治区からは 河野 守 委員 を推薦することとなりました。 
 

 (3) 各地区まちづくり推進委員会活動報告

     今年度から、地域協議会とまちづくり推進委員会は委員選出の段階から密接な連携が取れる体制となっ
   ており、安城・杵束両地区のまちづくり推進委員会の会長から現在行っているまちづくり活動について地
   域協議会で報告をする機会が設けられる事となりました。
     安城地区については、「や市」を中心とした取り組みを主に、杵束地区からは環境保全に関する取り組
   みや「やっピー」の取扱いを主とした活動報告がそれぞれ行われ、委員の間で質問や意見交換が行われま
   した。 
 

 (4) 弥栄自治区の将来について(継続テーマ)

    今後弥栄自治区の人口が減少し、高齢化がさらに進んだ場合には、自治区における現在の機能を維持
   していく事が難しい事が予想されます。
    それを見越して、貯油タンクの更新問題が迫りつつあるガソリンスタンドや、食料や日用品の購入が出
   来る商店、公共交通、定住対策などを総合して協議検討をしていく事として、一定の方向性を導き出して
   いかなければならないため、様々な角度から意見が出され協議が行われました。
    この問題については、今後も継続的に危機感を持った議論が行われることとなります。
 

 (5) 自治会長会研修の参加について

      8月に実施が予定されている自治会長会の研修会について、地域協議会委員へも参加の呼びかけがあ
   り、研修の内容について説明が行われました。 
 

 (6) 弥栄自治区の県道改良促進について

     弥栄自治区にある県道3路線(県道浜田美都線・主要地方道弥栄旭インター線・県道黒沢安城浜田線)
   について、浜田県土整備事務所長や県庁の土木部長及び県議会へ改良促進を求める要望書を地域協議
   会会長名で提出することとなりました。
 

 (7) 公益財団法人ふるさと弥栄振興公社の運営状況について

     弥栄ふるさと体験村が属する公益財団法人ふるさと弥栄振興公社の運営状況について、平成27年度の決
  算資料を基に説明が行われました。
    厳しい運営状況を見て、今後どうすれば施設を維持していけるのかを自治区全体で危機感を持って考え
  ていかなければならないということで、協議が行われました。
    今後、自治区の将来と併せて継続課題となっていきます。
 

 (8) 弥栄火葬場の現状について

     弥栄火葬場の利用状況と周囲を取り巻く情勢について説明が行われた。
     近年は葬儀の形式が変わってきており、弥栄火葬場の利用が少なくなっており、平成25年度の浜田市
   火葬場整備計画策定の際には、多くの住民の皆様の声を反映して、地域協議会が中心となって存続を
   することが出来ましたが、利用が著しく少なければ維持管理の面から存続が危うくなるという可能性も浮
   上してくる状況となっています。

 

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る