このページの本文へ移動

【防犯交通】架空請求詐欺(名義貸し)被害が発生しました!(2016年10月06日 17時49分)

2016年 10月 6日

  • 印刷する

浜田市役所からのお知らせです。

浜田市内において、合計2,800万円をだまし取られる詐欺被害が発生しました。

状況は次のとおりです。
今年5月中旬ころ、被害者の家に、県庁生活相談センターの職員を名乗る男から、「あなたの個人情報が漏れている。漏れた個人情報を消すために、代理人になってくれる○○に電話をしてほしい。」などと電話がかかってきました。
被害者が、言われたとおりに連絡をすると、「名義貸しは犯罪だ。お金を出せば、裁判を受けなくてもよい。」などと言われたことから、複数回に分けて、現金をコンビニエンスストアから宅配便で送り、だまし取られたものです。

犯人グループは、言葉巧みに嘘を重ねて話を信じこませ、お金をだまし取ろうとします。
「個人情報が漏れている」、「名義貸しは犯罪だ。」という電話は詐欺電話ですので、話を鵜呑みにしないでください。

電話でお金の話が出れば、すぐに信用せず、一旦電話を切って警察などに相談し、絶対にお金を振り込んだり送ったりしないでください。

県内だけではなく、浜田市内でも高齢者の詐欺被害が後を絶ちません。
周囲の方にも話をして注意を呼びかけ、詐欺被害を防ぎましょう。

--------------------------
浜田市役所
安全安心推進課
0855-25-9122(直通)
--------------------------

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る