このページの本文へ移動

中華料理=中国人の家庭料理?(広報はまだ平成29年7月号)

2017年 7月 5日

  • 印刷する

 

 ある国の寿司屋で人気のフルーツ寿司が日本の本場の味と思われ、美味しく食べられていることに、日本人が仰天したという番組を見ました。では、皆さんは中華料理をどのように考えていますか?

 中華料理と言うと、皆さんはまず麻婆豆腐を思い浮かべるでしょう。日本では極めてメジャーな中華料理ですが、中国では()(せん)の地方料理の1つに過ぎません。四川料理専門店に行かないと食べられないので、中国人の家庭料理とはとても言えません。日本での人気ぶりは中国人を驚かせます。しかも、日本の麻婆豆腐は日本人の舌に合わせた塩辛い味で、唐辛子と花椒(かしょう)で作る本場の香ばしい激辛なものとは全く別物です。

 もう1つ私が驚愕したのは、ラーメンと焼き餃子、チャーハンのセットです。この3品は中国ではそれぞれ主食として食べられています。三大主食を一緒に食べることは、お米大好きな日本人ならではの発想です。また、ラーメンは中国で「拉面(らみぇん)」と呼び、「()」は引っ張るという意味で、中国のラーメン屋では引っ張って細長くした手作りの麺を使うことが普通です。そして、中国には水餃子、焼き餃子、蒸し餃子の三種類があります。具材の種類は実に豊富で、セロリ、ピーマン、大根、イカなど何でも入れます。故郷の栄成市独特のサワラ餃子が私のお気に入りです。ニンニクはもちろん使いますが、具としてではなく、おろして酢と醤油のたれに加えます。

 ほかにも、天津で発祥したと思われがちの天津飯も実は天津に存在しておらず、エビチリも日本人が豆板醤の辛味に慣れていなかったことからアレンジして作られた日本式中華料理です。

 外国の文化を日本流にアレンジする日本人の得意技は中華料理に存分に使われています。ですから、もし皆さんが中国で麻婆豆腐を注文すると、唇が痺れるぐらいの物が出てくるかもしれませんよ。

 于清さんの写真

このページに関するお問い合わせ先

  • 浜田市 産業経済部 観光交流課
    電話:0855-25-9530   メールアドレス:kankou@city.hamada.lg.jp

ページの先頭へ戻る