このページの本文へ移動

平成29年度第1回旭自治区地域協議会

2017年 2月 9日

  • 印刷する

 

 

会議結果報告
開催日時

2017年7月7日 13時30分 ~ 16時15分

開催場所 浜田市旭町今市637番地
旭支所 3階 大会議室
議題

議題
1 浜田市保健医療福祉協議会の各専門部会委員の推薦について

報告
1 スポーツ施設再編の審議会答申について
2 浜田市議会報告について
 (1)6月補正予算について          
    山ノ内梨園再整備事業について
    公民館施設整備事業について
3 旭ロータリー整備事業について
4 いきいきサロンの状況について
5 人口状況について
 

公開・非公開 公開

主な意見、質問及び協議結果等

 冒頭に7月4日~5日にかけての豪雨に伴い、市内初の特別警戒情報が発表され、一部地域で避難指示・避難勧告が発令された状況や、避難・被災状況について報告を行いました。
 また、報告事項ではスポーツ施設再編の審議会答申について説明を行い、各委員からの質疑に回答を行いました。
 
▼大雨情報・被害状況報告▼
7月4日~5日にかけての豪雨にかかる報告について
 (1)旭町内各地区の合計雨量及び最大1時間雨量
 坂本:合計雨量219mm・最大1時間雨量42mm
 今市:合計雨量200mm・最大1時間雨量49mm
 木田:合計雨量139mm・最大1時間雨量35mm
 市木:合計雨量212mm・最大1時間雨量51mm
 (2)支所における対応について
 4日23:40 防災担当登庁し災害準備体制に入る
 5日01:15 課長登庁し第1次体制に入る
 5日03:20 坂本・都川・来尾消防団に避難所開所指示
 5日04:15 職員召集し第2次体制に入る
 5日05:55 大雨特別警報発表
 5日06:10 町内37の全ての避難所の開所を消防団に指示
 5日14:30 全ての避難所を閉所
 5日19:00 全ての警報が解除され職員体制を解く
 (3)避難の状況について
 坂本構造改善センターに30名
 旭センターに2名
 和田生活改善センターに3名
 和田公民館に6名
 西都川集会所に3名
 都川高齢者促進センターに2名
 東都川集会所に3名
 来尾集会所に11名
 合計8施設 60名が避難しました。

 午前10時以降雨が小康状態となり、午後2時半には避難をされていた方も帰宅されました。
〔意見〕 消防団が待機していたが、避難所開設の周知及び独居世帯等の安否や被災状況の確認作業が遅かった。身体の不自由な高齢者の輸送、土嚢積みなど積極的かつ迅速に行っていただきたい。
〔担当〕 自主防災組織は自主的な動きとなるため指示は出せないが、今後学習会等を開催していきたい。
〔区長〕 無線放送から自主的な避難所開設という流れが徹底しておらずまだまだ消防団に頼らざるをえない状況。住民の方には伝わりにくいということになる。いい教訓とし勉強会等でしっかり伝えていきたい。
 

 【議題】  

1. 浜田市保険医療福祉協議会の各専門部会委員の推薦について
 ≪地域保健医療専門部会委員  協議の結果、馬場委員が再任≫
 ≪高齢者福祉専門部会委員  協議の結果、塚﨑委員が就任≫

 ≪推薦決定

 【報 告】

1. スポーツ施設再編の審議会答申について
(1)浜田市公共施設再配置方針及びスポーツ施設の適正な配置及び整備について、浜田市スポーツ推進審議会に諮問を行った経緯及び答申の内容について説明を行った。
〔質問〕 今後のタイムスケジュールを示したものはないのか。
〔回答〕 具体的に何月とは示していないが今年度中を目処にしている。
〔質問〕 地域協議会に何を期待されているのか。
〔回答〕 市としてスポーツ施設見直し計画について意見をいただきたい。パブリックコメントも行う予定。
〔質問〕 旭の施設はどうなっているのか。
〔回答〕 陸上競技場とテニス場について用途変更の提案がされている。
〔意見〕 旭は体操に力を入れている。施設の確保も含めもっと強くなるための整備を希望する。県営施設を県西部に整備する要望をお願いしたい。
〔回答〕 各自治区の特性を考慮し策定をしていく。
〔質問〕 スポーツ審議会委員の選出方法は。
〔回答〕 前回の審議委員を基に支所からの推薦。
〔担当〕 またお気づきの点があれば旭分室までお願いしたい。

 ≪承認

2.浜田市議会報告の開催について
(1)6月補正予算について
 1.山ノ内梨園再整備事業について
 本事業について、緊急に地域振興基金を充当し予算計上する必要があったため上程をした。最もよい圃場3haが荒廃し維持できなくなり所有者から市に譲渡したい旨の申し出があった。
 病害虫や風評被害の恐れもあり、地元から再生を強く求められ、この度、市が主体となり県、JA、生産組合の協力を得て、再生事業に取り組むこととした。事業費は33,091千円
〔質問〕 議会で承認されたのか。
〔回答〕  承認された。
〔質問〕 整備後は梨管理組合による栽培とあるが決定か。
〔回答〕  正式には決まっていないが、梨で再生したいという基本的な考えのもと進めていきたい。
〔意見〕 さら地にすれば荒れる心配はない。
〔担当〕 県営ということもあり県が力を入れている。7/11に第1回目のプロジェクト会議を開催する。
〔意見〕 すぐに収穫ということにはならないだろう。
〔担当〕 梨は植えてから収穫まで8年と言われているが、神奈川県で行われているジョイント方式では4年、これらを取り入れる案も出ている。
〔質問〕 管理棟はどうなるのか。
〔回答〕 建物内を清掃し、今後は生産組合に利用していただく。
〔質問〕一般の方も来られるのでトイレを利用できるようにしてほしい。
〔回答〕 承知した。
 2.公民館施設整備事業について
 和田公民館敷地の法面崩落にかかる事業で今年度中の完了を目指していたが今年度は測量調査業務委託を実施し、本工事は来年度の予定であることを説明を行った。


3.旭ロータリー整備事業について
 工事の進捗状況、バス停の仮移転等について説明を行った。
〔質問〕 トイレが遠くなったので、できるだけロータリー内に作ってほしい。
〔回答〕 本工事においては、トイレの新設はない。
〔質問〕 今後、地域住民から要望等あれば、要望書を提出というような方法もあると思うが、そのような理解でよいか。
〔回答〕 そのようにお願いする。


4.いきいきサロンの状況について
 ミニサロンの廃止に伴い、各地区で対応がそれぞれとなった。今後の計画も含め説明を行った。
〔区長〕 地区に状況を聞きながらよりよい形をさぐっているので、今後も忌憚のない意見をお願いしたい。
〔質問〕 地域の方の不安は解決したと受け止めてよいのか。
〔回答〕 10会場の中ではやめるという動きはない。地区社協を中心に検討いただいた。感謝の声も聞いている。


5.人口の状況について
〔意見〕 このような資料を見ると深刻さを痛感する。別の話になるが農地の荒廃が進んでいることを危惧している。

 

【その他】
1 次回地域協議会日程について
 平成29年10月6日(金) 午後1時30分~

2 委員から
〔質問〕 今回の大雨による被災状況を見て歩く依頼を行政連絡員にしてよいか。
〔回答〕 報告はダブってもよいので積極的にお願いする。

 

結論

【議 題】
1 浜田市保健医療福祉協議会の各専門部会委員の推薦について
  決定


【報 告】
1 スポーツ施設再編の審議会答申について
2 浜田市議会報告について
 (1)6月補正予算について          
    山ノ内梨園再整備事業について
    公民館施設整備事業につい
3 旭ロータリー整備事業について
4 いきいきサロンの状況について
5 人口状況について


 了解
 
 

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る