このページの本文へ移動

平成29年度浜田市弥栄自治区地域協議会(第3回)

2017年 10月 27日

  • 印刷する

会議結果報告
会議名  平成29年度浜田市弥栄自治区地域協議会(第3回)
開催日時

 2017年8月24日(木) 19時00分~21時10分

開催場所  弥栄会館大研修室(浜田市弥栄町長安本郷)
会議の担当課  弥栄支所防災自治課
議題  協議事項等 計7件
公開・非公開  公開

 

1 議題 

 (1) 平成29年6月浜田市議会定例会議案概要報告(協議)

 質疑応答なし。 

 (2) 栃木・小坂簡易水道接続負担金の地域振興基金充当について(協議)

 弥栄村時代に林業地域総合事業で整備した、栃木・小坂集落の水道施設が浜田市簡易水道に統合されることとなりました。
 これにより、利用者が統合の際に必要な分担金の一部を地域振興基金で補助します。
 補助金額は、1戸当たり20万円の分担金に対し、現在利用している水道施設の分担金として負担済みの10万円を差し引いた10万円とします。
 対象戸数は栃木集落29戸・小坂集落38戸の計67戸で、補助金額は10万円の67戸分で670万円です。
 平成29年12月議会時の補正予算要求に計上します。
 現在簡易水道の接続工事を行っており、平成29年度内に完了予定です。

 質問・意見なしで承認されました。

 (3) 平成29年7月4日からの大雨による災害対応について(協議)

 弥栄支所防災自治かから、平成29年7月4日からの大雨について、当日の支所や各機関の対応の報告と、内部検証で上がった反省点等について説明がありました。
 併せて、今後も各集落へ伺って意見交換をしながら、災害時の対応を地域で一緒に考えていくという方針が上がりました。
 委員からは、当日のそれぞれの立場で感じたことや、住民の皆様から受けた意見などについて述べられました。
 また、地域の意識としても災害に関心があった結果、適切な対応ができたのではないかと思うので、今後も機会を捉えて地域の防災意識向上に努めてほしいという要望がありました。

 (4) スポーツ施設の適正な配置及び整備について(答申概要報告)

 教育施設再編推進室から「(抜粋)浜田市公共施設再配置方針」の説明があり、引き続いて生涯学習課から「スポーツ施設の適正な配置及び整備について(答申)」の説明がありました。
 この答申は、平成17年の合併以降、類似スポーツ施設が市内に複数存在しており、老朽化も進む中ですべてを維持していくことは現在の浜田市の財政上難しく、今後の施設の適正な配置について審議がなされ、各施設の地域性や利用人口等から今後の在り方を提案されたものです。
 委員からは、「統合や整理をもっと早くすべきであったと思う」という意見や、「今回出た答申を実施に向けてしっかり活かしていただきたい」という意見が上がりました。

 (5) その他:平成30年度弥栄自治区主要事業計画について(前回の補足)

 前回の地域協議会(第3回)において平成30年度に計画する自治区の主要事業の説明が行われましたが、地域振興基金を用いた防災自治課と産業建設課の事業説明が主体で、地域振興基金を用いない全市的な福祉系の事業について説明がなかったため、今回補足で説明がありました。

 (6) その他:秘境奥島根やさかウルトラマラニックin浜田2017について(現状報告)

 10月1日に開催される「秘境奥島根やさかウルトラマラニックin浜田2017」について、7月4日の大雨により、当初予定していたコースが一部変更となることについて説明がありました。
 また、現時点における参加申込み状況や、エイドステーション(補給所)への地域のご協力状況等の報告がありました。 

 (7) その他:ふるさと体験村からのお知らせ)

 ふるさと体験村から営業時間と定休日及び休館日について変更をするというお知らせがありました。
 主な変更点は、営業時間を、3月から10月までの期間は午前10時から午後7時半まで(変更前は8時まで)、11月から2月の期間は午前10時から午後6時半まで(変更前は7時まで)とし、毎週火曜日が定休日となります。
 また、毎週月曜日が施設の維持整備や職員会議を行う日として休業日となります。(仕出しや宴会の予約対応は可能です。)
 

        以上
 

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る