このページの本文へ移動

 

カワハギ

2017年 12月 12日

  • 印刷する

白身で淡泊。もちっとした食感があり、加熱すると旨みが出てくる。
栄養素は良質なタンパク質。資質にはDHAやEPAなどが含まれている。
目が黒く澄んでいて、つやがあり、腹部に張りのあるものを選びましょう。
 

旬な季節:12月~5月
 

・カワハギと野菜のキッシュ     ・カワハギの吸い物

 

●カワハギと野菜のキッシュ●

 カワハギと野菜のキッシュ

【材料】(6人分)

・カワハギ……2尾

・玉ねぎ………180g

・豆乳…………300g

・ほうれん草…120g

・舞茸…………120g

・卵……………4個

・オリーブ油…適宜

・ベーコン……60g

・マヨネーズ…小2

・塩こしょう…少々

・とろけるチーズ…60g

・コンソメ……小1

・ケチャップ…お好みで

 

 

【作り方】

 (1)     カワハギの塩焼をして身をほぐす。

(2)     ほうれん草を茹でて1cm位の長さに切り、水気を絞る。

(3)     を粗みじんにして油で炒める。塩こしょう少々する。

(4)     を混ぜあわせる。

(5)     容器に(1)(3)を入れる。(4)をそそぎ入れる。(2)をのせる。チーズをのせる。

(6)     180℃で20分焼く。

(7)     ケチャップはお好みでトッピングしても良い。

  ©山陰浜田港お魚料理教室(2015年)  管理栄養士 長野操子先生

 

 

●カワハギの吸い物●

 カワハギの吸い物 

【材料】(6人分)

・カワハギ……2尾

・だし昆布……1枚

・生ワカメ……少々

・えのきだけ…1袋

・かつお節……20g

・せり…………少々

・淡口醤油……大2

・水……………1.2ℓ

・花麩…………6枚

・酒……………大1

・塩……………少々

・生姜…………少々

【作り方】

(1)     カワハギを三枚おろしにして、食べやすい大きさに切り、ザルに並べて熱湯をさっとかける。

(2)     鍋に水とだし昆布を入れ、20分くらいおく。

(3)     (2)を中火で加熱。沸騰直前に火を止め昆布を取り出す。かつお節を入れ、弱火で2分煮出す。味付けをする

(4)     せりは吸い口に使うのでほんの少々葉をちぎっておく。

(5)     花麩は水に浸し、軽く絞る。

(6)     えのきはいしつきを取り除き、半分に切る。

(7)     ワカメは食べやすい大きさに切る。

(8)     味付けした汁の中に(1)(5)(6)(7)・生姜の輪切りを入れ、さっと煮る。最後にせりをのせる。

  ©山陰浜田港お魚料理教室(2015年)  管理栄養士 長野操子先生

 

 

このページに関するお問い合わせ先

  • 浜田市 産業経済部 水産振興課
    電話:0855-25-9520   メールアドレス:suisan@city.hamada.lg.jp

ページの先頭へ戻る