このページの本文へ移動

平成29年度浜田市三隅自治区地域協議会(第2回)

2017年 8月 17日

  • 印刷する

会議結果報告

開催日時

平成29年8月24日(木) 午後6時30分~午後8時50分

開催場所

浜田市三隅町三隅1434番地  三隅支所 3階 集会室

議題

【協議及び報告事項】

(1)浜田市総合振興計画等の進捗状況について

(2)スポーツ施設の適正な配置及び整備の答申について

(3)平成30年度予算要求(サマーレビュー)の概要について

【その他】

(1)浜田市三隅自治区ウイルス性肝疾患医療費給付を中心とした肝炎対策事業のまとめ(案)

公開・非公開

公開 

主な意見、質問及び協議内容

協議・報告事項

(1)浜田市総合振興計画等の進捗状況について

 浜田市公共施設再配置方針の概要を説明。

 スポーツ施設の適正な配置及び整備について説明。

【意見】

 浜田の陸上競技場、野球場の地盤沈下については以前からある問題だ。自治区にも陸上競技場、野球場等スポーツ施設はある。分散型では駄目なのか?また、地盤沈下は食い止めることが出来ないため、三隅の陸上競技場で4種公認の認定を進めてはどうか?

【回答】

 現在、4種公認を浜田の陸上競技場で受けており、今後も浜田の陸上競技場で認定を受けたい。スポーツ推進審議会もそのような意見だ。

【意見】

 浜田の野球場は移設を検討とあるが、この場合の青写真はあるのか?

【回答】

 野球場、陸上競技場についても具体的な青写真というものはない。

 しかし、野球場、陸上競技場というのは広大な面積となるため、市内では限定的な場所になってくると思う。

【意見】

 地盤沈下の対策、維持費はいくらか?また、どのくらいの期間もつのか?

【回答】

 前回の対策費が2千5百万円かかっている。おそらく今回もそのくらいかかるであろう。

 対策をすれば5年間は維持できる。

【意見】

 岡見スポーツセンターは地元へ移管とあるが、管理だけか?維持費もか?

【回答】

 なるべく地元に負担をかけないようにと考えている。

 

(2)浜田市総合振興計画等の進捗状況について

 浜田市総合振興計画の進捗状況の説明。

 浜田市まち、ひと、しごと創生総合戦略掲載目標の進捗状況の説明。

【意見】

 総合振興計画の水産業の振興というところで中古漁船購入の助成等様々な目標を挙げて評価しているが、その結果、漁船が増えたとか従事する人が増えたということはあるのか?

【回答】

 リシップ事業についてであるが、効果としては魚を獲ってこちらに帰って来るところで冷却装置などを充実させていることにより、魚の鮮度などが各段に上がっている。魚の単価などが上がって来るというような効果が今のところあるが、直接それによって大きく船員の方が増えたとか減ったとかいう状況にはないところである

 

(3)平成29年サマーレビュー(平成30年度予算要求)の概要について

 三隅自治区のサマーレビューの概要について各課長から説明

【質問】

 道の駅トイレの改修について、和式から洋式に変えてトイレのスペースが十分確保できるのか。

【回答】

 現在の和式のスペースに洋式の便器を設置するように考えている。スペースについても問題ないと考えている。

 

その他 

(1)浜田市三隅自治区ウィルス性肝疾患医療費給付を中心とした肝炎対策事業のまとめ(案)

 浜田市三隅自治区ウィルス性肝疾患医療費給付を中心とした肝炎対策事業のまとめ(案)について市民福祉課長より説明。

【質問】

 肝炎ウィルス検診の受診者数が、これをこの制度の受診者というふうに理解してよいか? 

【回答】

 毎年受診、経過観察等、重複もあるため、ウィルス検診受診者=制度の受診者とはならない。

【質問】

 三隅自治区の事業がなくなることで、助成がなくなり、治療が出来なくなるということにならないか。

【回答】

 事業の終了と共に三隅自治区の上乗せ補助はなくなるが、県の助成制度は継続されるため、そちらを利用していただくことになる。

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る