このページの本文へ移動

 

サワラ

2018年 1月 30日

  • 印刷する

照り焼きなど加熱調理向けのイメージが強い魚ですが、大型のものは刺身も美味です。
旬のものは脂がのり、しかもクセがなく軽い味わいで、マグロの中トロにも匹敵するといわれるくらい美味。栄養素は必須アミノ酸を多く含む良質のタンパク質、EPAやDHA、カリウムを多く含む。
身が固く、背中の暗色の斑点がはっきりしていて、体色が銀色に光っているものを選びましょう。

 

旬な季節:9月~11月

 

・サワラの野菜あんかけ     ・サワラのたたき

 

●サワラの野菜あんかけ●

 サワラ野菜あんかけ

【材料】(7人分)

・サワラ………7切れ

・しめじ………150g

・だし昆布……適宜

・塩、黒こしょう…少々

・ブロッコリー…120g

・薄口醤油……大さじ7

・片栗粉………適宜

・人参…………80g

・みりん………大さじ3

・サラダ油……適宜

・ミニトマト…7個

・砂糖…………お好みで

・玉ねぎ………150g

・水……………700cc

・ごま油………大さじ1

・水溶き片栗粉…大さじ3

・レモン………7切れ

 

【作り方】

 (1)     サワラを3枚おろしにして、中骨をとる。1切れを40g~50gにして塩こしょうをする。

(2)     フライパンにサラダ油を敷き(1)を焼く。

(3)     玉ねぎを縦半分に切り、薄く切る。

(4)     しめじは石つきを取り除き、食べやすい大きさに切っておく。

(5)     ミニトマトは半分に切る。

(6)     人参は薄い拍子切りにする。

(7)     ブロッコリーは下茹でをしておく。

(8)     鍋に水とだし昆布、玉ねぎ、しめじ、人参を入れて煮る。柔らかくなったらを加えて調味する。水溶き片栗粉、ごま油を入れ、最後にブロッコリー、ミニトマトを入れる。

(9)     くし型のレモンを添える。

  ©山陰浜田港お魚料理教室(2015年)  管理栄養士 長野操子先生

 

 

●サワラのたたき●

たたき  

【材料】(4人分)

・サワラ………片身分

・みょうが……お好みで

 【作り方】

(1)     サワラを3枚におろす。

(2)     串に刺し、皮に焦げ目が付く程度、ガスコンロで炙る。

(3)     造りにして、みょうがを乗せたら完成。

※醤油でもポン酢でも美味しく頂けます。

 Ⓒ島根県松江水産事務所

このページに関するお問い合わせ先

  • 浜田市 産業経済部 水産振興課
    電話:0855-25-9520   メールアドレス:suisan@city.hamada.lg.jp

ページの先頭へ戻る