このページの本文へ移動

 

バトウ(マトウダイ)

2018年 10月 15日

  • 印刷する

島根県では「バトウ」と呼ばれるマトウダイは、漢字で書くと「的鯛」、「馬頭鯛」となり、体の真ん中に弓の的のような黒斑があること、体が馬の頭に似ていることが名前の由来になっています。
白身で淡白な魚で、もちっとした食感があり、加熱すると旨みがでてくる。栄養素は良質なタンパク質。脂質にはDHAやEPAなどが含まれている。
目が黒く澄んでいて、黒斑が鮮明でつやがあり、腹部に張りのあるものをえらびましょう。

 

旬な季節:12月~5月

 

・バトウのチーズ味フライ     ・野菜とバトウの巣ごもり卵     ・おさかなトマトスパ

・バトウのチーズフライ     ・バトウのフライ

 

●バトウのチーズ味フライ●

 バトウチーズフライ

【材料】(6人分)

・バトウ………1尾

・レタス

・小麦粉………50g

・塩、こしょう、酒…適宜

・キャベツ

・粉チーズ……大さじ3

・パン粉………適宜

・スナップエンドウ

・水……………80cc

・サラダ油……適宜

・トマト

 

 

【タルタルソース材料】

・絹ごし豆腐…50g

・玉ねぎ………20g

・パセリ………少々

・マヨネーズ…50g

・黄パプリカ…20g

・らっきょう…6個

・酢、砂糖、塩こしょう
…………お好みで                 

・赤パプリカ…20g

 

【作り方】

(1)     バトウを三枚におろす。塩・こしょう・酒を振る。

(2)     (1)に小麦粉を軽くつける。

(3)     ボウルにを入れて衣を作る。

(4)     (2)に(3)をつけ、パン粉をつけて油で揚げる。

(5)     タルタルソースを作る。 

  ©山陰浜田港お魚料理教室(2015年)  管理栄養士 長野操子先生

 

 

●野菜とバトウの巣ごもり卵●

巣ごもり卵 

【材料】(2人分)

・しめじ………50g

・オリーブ油…小さじ1

・卵……………2個

・塩・こしょう…少々

・ベーコン……2枚

・ケチャップ…適量

・レタス
……………2~3枚(50g)

・バトウ
………切り身2枚 (140g)

 

 【作り方】

(1)     レタスは洗って一口大にちぎる。しめじは石づきを取り、小房に分けておく。ベーコンは1cm幅に切り、一口大に切っておく。

(2)     シリコンスチーム鍋にレタスとしめじを入れ、その上にバトウをのせ、塩・こしょうし、オリーブ油を回しかける。ベーコンをのせ、卵を割りいれて、黄身をつまようじで刺す。電子レンジ600ワットで4分加熱する。(※蒸気を使ってもできます)

(3)     レンジから出してふたをしたまま余熱でしばらくおいて固める。食べるときにケチャップをかける。

 Ⓒ第2回「浜田港四季のお魚」アイディア料理コンテスト 優秀賞作品(2016年)

 

 

●おさかなトマトスパ●

トマトスパ 

【材料】(4人分)

・スパゲティ…350g

・酒……………適量

・カットトマト缶…1缶

・塩……………小さじ1/8

・玉ねぎ………1個

・水……………200ml

・小麦粉………適量

・にんにく……2片

・ケチャップ…大さじ4

・エビ…………150g

・オリーブ油…適量

・砂糖…………小さじ1

・バトウ
………………1尾(300g)

・パセリみじん切り…適宜

 

 【作り方】

(1)     バトウは一口大の切り身にして塩をふっておく。

(2)     玉ねぎ・にんにくは薄切りにし、パセリはみじん切りにしてさっと湯通ししておく。エビはさっと塩ゆでし、酒をふりかけておく。

(3)     フライパンにオリーブ油をあたため、にんにくをきつね色になるまでいためた後、小麦粉をまぶしたバトウを焼く。火が通ったらバトウを取り出し、玉ねぎをいためる。

(4)     を加えて煮込み、エビ・バトウを加えて煮る。

(5)     (4)を具とソースにわけておく。

(6)     たっぷりの湯でスパゲティを茹で、茹であがったらソースとからめて盛り付け、さらに具も盛り付ける。

(7)     パセリを飾って出来上がり。

 Ⓒ第1回「浜田港四季のお魚」アイディア料理コンテスト 優秀賞作品(2015年)

 

 

●バトウのチーズフライ●

 チーズフライ 

【材料】(5人分)

・スライスチーズ…2枚

・塩……………小さじ1/8

・卵黄…………1個

・はるさめ……10本

・小麦粉………適量

・とき卵………1個

・バトウ………1尾(300g)

・油……………適量

 

【作り方】

(1)     バトウの切り身をフードプロセッサーにかけ、すり身にする。スライスチーズは2枚重ねて切り、5等分しておく。

(2)     (1)のすり身に卵黄と塩を加え混ぜる。

(3)     はるさめを細かく切り、小麦粉にまぜておく。

(4)     (2)を5等分にし、中心にチーズを包み込む。

(5)     (4)にとき卵をつけ、(3)の衣をつけて油で揚げたら出来上がり。

   第1回「浜田四季のお魚」アイディア料理コンテスト グランプリ作品(2015年)

 

 

●バトウのフライ●

 

【材料】(6人分)

・バトウの切身…6枚

・塩こしょう……………少々

・小麦粉…………25g

・水……37cc

・油………適量

・パン粉………適量

・夏みかん………適宜

 

 

【作り方】

(1)  三枚おろしにしたバトウを6切れにし、塩こしょうをする。

(2)  小麦粉と水でてんぷらの衣を作る。

(3)  バトウに衣、パン粉をつけて油で揚げる。

(4)  輪切りにした夏みかんの上に盛り付ける。

 ©山陰浜田港お魚料理教室(2017年)  管理栄養士 長野操子先生

このページに関するお問い合わせ先

  • 浜田市 産業経済部 水産振興課
    電話:0855-25-9520   メールアドレス:suisan@city.hamada.lg.jp

ページの先頭へ戻る