このページの本文へ移動

 

バトウ(マトウダイ)

2017年 12月 12日

  • 印刷する

島根県では「バトウ」と呼ばれるマトウダイは、漢字で書くと「的鯛」、「馬頭鯛」となり、体の真ん中に弓の的のような黒斑があること、体が馬の頭に似ていることが名前の由来になっています。
白身で淡白な魚で、もちっとした食感があり、加熱すると旨みがでてくる。栄養素は良質なタンパク質。脂質にはDHAやEPAなどが含まれている。
目が黒く澄んでいて、黒斑が鮮明でつやがあり、腹部に張りのあるものをえらびましょう。

 

旬な季節:12月~5月

 

・バトウのチーズ味フライ

 

●バトウのチーズ味フライ●

 バトウチーズフライ

【材料】(6人分)

・バトウ………1尾

・レタス

・小麦粉………50g

・塩、こしょう、酒…適宜

・キャベツ

・粉チーズ……大3

・パン粉………適宜

・スナップエンドウ

・水……………80cc

・サラダ油……適宜

・トマト

 

 

【タルタルソース材料】

・絹ごし豆腐…50g

・玉ねぎ………20g

・パセリ………少々

・マヨネーズ…50g

・黄パプリカ…20g

・らっきょう…6個

・酢、砂糖、塩こしょう

…お好みで                 

・赤パプリカ…20g

 

【作り方】

(1)     バトウを三枚におろす。塩・こしょう・酒を振る。

(2)     (1)に小麦粉を軽くつける。

(3)     ボウルにを入れて衣を作る。

(4)     (2)に(3)をつけ、パン粉をつけて油で揚げる。

(5)     タルタルソースを作る。 

  ©山陰浜田港お魚料理教室(2015年)  管理栄養士 長野操子先生

 

 

このページに関するお問い合わせ先

  • 浜田市 産業経済部 水産振興課
    電話:0855-25-9520   メールアドレス:suisan@city.hamada.lg.jp

ページの先頭へ戻る