このページの本文へ移動

 

イワシ

2017年 12月 12日

  • 印刷する

日本ではニシン科のマイワシとウルメイワシ、カタクチイワシ科のカタクチイワシの計3種類をいいます。稚魚や幼魚は煮干しやしらすとして加工されます。鮮度が落ちやすいので注意。
DHAやEPA、ビタミンB2・B6・B12・D・E、鉄、カルシウムが豊富。
太って丸みをおびたもの、青くつやのあるもの、目が澄んでいてエラが鮮紅色のものを選びましょう。 

 

旬な季節:5月~10月

 

・田作り

 

●田作り●

 田作り

【材料】(7人分)

・おかずいりこ…25g

・砂糖…………大2

・水……………大1

・白ごま………少々

・醤油…………小1/2

 

【作り方】

(1)     いりこはフライパンでこがさないように軽く煎る。

(2)     調味料を合わせて煮立てる。火を止めて(1)を入れ混ぜ合わせる。

(3)     バットに広げて、ごまを振り、冷ます。

  ©山陰浜田港お魚料理教室(2016年)  管理栄養士 長野操子先生

 

 

このページに関するお問い合わせ先

  • 浜田市 産業経済部 水産振興課
    電話:0855-25-9520   メールアドレス:suisan@city.hamada.lg.jp

ページの先頭へ戻る