このページの本文へ移動

 

マアジ(2)

2017年 12月 12日

  • 印刷する

クセのない白身で、旨みがつよい。
良質のタンパク質、DHA、カルシウム、ビタミンA、B1、B2、E、タウリンやカリウムが豊富で栄養価が高い。
目が黒く澄み、エラが鮮紅色で全体に丸みがあり、皮に光沢があるものを選びましょう。

旬な季節:3月~11月

 

・アジの甘辛煮     ・アジのバーガー    ・アジの骨せんべい 

・アジのライスバーガー

 

●アジの甘辛煮●

  アジの甘辛煮

【材料】(7人分)

・アジ…3尾と1/2尾

・ニンニク……少々

・醤油…………大2

・酒……………適宜

・牛蒡…………200g

・砂糖…………大2

・片栗粉………適宜

・人参…………30g

・みりん………大2

・油……………適宜

・水……………50cc

・酢……………小1

・鷹の爪………少々

 

 

 
【作り方】

(1)     アジを3枚おろしにする。酒を振って10分置く。

(2)     (1)の水分をふき取り、片栗粉をつける。

(3)     フライパンに、油とスライスしたニンニクを加えて火をつける。ニンニクが焦げる前に取り出し、(2)をこんがり焼く。

(4)     アジを取り出し、ささがき牛蒡と人参を炒める。水を加え、柔らかくなるまで煮る。

(5)     フライパンにアジを戻し、の調味料を少しずつまわし入れてからめる。

  ©山陰浜田港お魚料理教室(2016年)  管理栄養士 長野操子先生

 

 

●アジのバーガー●

  アジのバーガー

【材料】(5人分)

・アジ…………3尾

・塩、コショウ…少々

・トマトケチャップ…

・トマトの薄切り…5枚

・酒……………大1

・中濃ソース

・グリーンリーフ…少々

・生姜…………少々

・ゆで卵………1個

・玉ねぎ………50g

・小麦粉………50g

・マヨネーズ…50g

・パン粉………100g

・水……………50cc

・酢……………小1

・油……………適宜

・卵……………1/2個

・バンズ………5個

 
【作り方】

(1)     アジを三枚おろしにし、中骨を取り除き、の塩・コショウ・酒・生姜で下味をつける。

(2)     の小麦粉・水・卵で衣を作る。

(3)     (1)を(2)に付けてパン粉をまぶして油であげる。

(4)     トマトは輪切りにしておく。

(5)     グリーンリーフを水につける。パリッとしたら水切りし、キッチンペーパーで水気を取る。

(6)     を混ぜ合わせてタルタルソースを作る。玉ねぎ・ゆで卵をみじん切りにし、マヨネーズと酢で味を調える。

(7)     バンズは横から包丁を入れる。少し残し、切り落とさない。

(8)     トマト・グリーンリーフ・タルタルソース・アジフライ・のソースをバンズに挟む。

  ©山陰浜田港お魚料理教室(2017年)  管理栄養士 長野操子先生

 

 

●アジの骨せんべい●

  アジの骨せんべい

【材料】

・アジの骨……5尾分

・塩……………適宜

・パセリ………適宜

・片栗粉………適宜

・油……………適宜

 

【作り方】

(1)     中骨に塩を振って水分を出す。水分をキッチンペーパーでふき取る。

(2)     片栗粉を薄めにつける。

(3)     中温の油でじっくりと時間をかけてあげる。

  ©山陰浜田港お魚料理教室(2017年)  管理栄養士 長野操子先生

 

 

●アジのライスバーガー●

 アジのライスバーガー

【材料】(5人分)

・ごはん………500g

・酒……………大2

・卵……………1個

・アジ…………2尾

・生姜汁………小1/2

・塩……………少々

・グリーンリーフ…少々

・塩……………適宜

・みりん………小1

・トマト………少々

・ごま…………小2

・油……………小1

・小松菜の即席漬け…少々

・ポン酢………小2

・焼きのり……2枚と半分

 【作り方】

(1)     米は30分前に洗って普通の水加減で炊く。

(2)     アジは三枚おろしにし、中骨を取り除く。

(3)     鍋に(2)・の酒・生姜汁を入れ、いり煮にしてそぼろ状にする。の塩・ごま・ポン酢で味を調える。

(4)     で卵をスクランブルにする。

(5)     トッピング用のトマトを切る。

(6)     グリーンリーフを洗ってちぎっておく。

(7)     焼きのりを斜め半分に切り、三角にする。

(8)     ラップを広げ、その上に焼きのりを置く。

(9)     三角の焼きのりの真ん中にごはん80gを置き、包み込む。

(10)     ラップで包み、俵型のおにぎりにして休ませておく。

(11)     半分に切る要領で上から包丁を入れ、1/3は残す。

(12)     (11)の切り口を広げ、グリーンリーフ・アジ・小松菜の即席漬け・卵・トマトをトッピングする。 

  ©山陰浜田港お魚料理教室(2017年)  管理栄養士 長野操子先生

 

 

このページに関するお問い合わせ先

  • 浜田市 産業経済部 水産振興課
    電話:0855-25-9520   メールアドレス:suisan@city.hamada.lg.jp

ページの先頭へ戻る