このページの本文へ移動

 

デザート(3)

2018年 11月 22日

  • 印刷する

ヘルシーな手作りデザート。お魚料理とご一緒にいかがでしょうか。

 

・甘納豆入り芋羊羹     ・夏ミカンゼリー     ・梅ゼリー

・ブルーベリーアイス     ・柿のゼリー

 

●甘納豆入り芋羊羹●

芋ようかん 

【材料】

・さつまいも…300g

・粉寒天………3g

・塩……………ひとつまみ

・水……………200cc

・砂糖…………300g

・甘納豆………30g

【作り方】

(1)     さつまいもの皮をむき、輪切りにする。水につけてアクを抜き、茹でる。

(2)     やわらかくなったらマッシャーでつぶす。

(3)     鍋に水、粉寒天を入れて木べらでゆっくりと混ぜながら沸騰させ、砂糖・塩を入れて溶かす。

(4)     (3)に(2)を入れて熱いうちに甘納豆を加える。

(5)  水でぬらした流し缶に(4)を流しいれ、表面を平らにして冷蔵庫で冷やし固める。

  ©山陰浜田港お魚料理教室(2017年)  管理栄養士 長野操子先生

 

 

●夏ミカンゼリー●


【材料】(5人分)

・夏ミカン…2個

・みかん果汁………300cc

・砂糖……………大6

・粉寒天……………2g

・ミントの葉…………5枚

 


【作り方】
 
(1)  夏ミカンの薄皮を剥き、荒くほぐす。

(2)  鍋にみかんの果汁、砂糖、(1)を入れ粉寒天も加えて沸騰させる。

(3)  粗熱を取り、カップに入れる。

(4)  冷蔵庫内で冷やす。

(5)  ミントの葉を飾る。
 
 ©山陰浜田港お魚料理教室(2018年)  管理栄養士 長野操子先生

 

 

●梅ゼリー●

  

【材料】(5人分)

・梅ジュース…150CCⒶ

・水…………300CCⒶ

・砂糖……大2Ⓐ

・レモン汁……少々Ⓐ

・ゼラチン……5g

・水………大2

・生クリーム…50g

・梅ジャム……30g 

・ミントの葉 

【作り方】

(1)  鍋にⒶを入れ沸騰させて煮溶かす。

(2)  ゼラチンを大2の水でふやかしておく。

(3)  (1)を40℃ぐらいになったら(2)を加えて混ぜ合わせる。

(4)  容器に流し込み冷蔵庫に入れ冷やし固める。

(5)  生クリームを泡たてる。

(6)  梅のジャムと生クリームをトッピングする。

(7)  ミントの葉を飾る。

 ©山陰浜田港お魚料理教室(2018年)  管理栄養士 長野操子先生

 

 

●ブルーベリーアイス●

【材料】(6人分)

・冷凍ブルーベリー…60g

・ヨーグルト……120g

・アイスクリーム……300g

・ミントの葉…………6枚

 

 

【作り方】

(1)  ミントの葉以外のすべてをフードプロセッサーにかける。

(2)  (1)を容器に入れて冷凍する。

(3)  食べる直前にミントの葉をトッピングする。

 ©山陰浜田港お魚料理教室(2018年)  管理栄養士 長野操子先生

 

 

●柿のゼリー●



【材料】(6人分)

・完熟柿……………2個

・砂糖……小2

・レモン汁……少々

・粉寒天……………2g

・水………400cc

・ミントの葉……6枚

・紅葉した柿の葉…6枚

 

 

【作り方】

(1)     柿の皮と種を取り除き、フードプロセッサにかける。

(2)     鍋に水を入れ沸騰したら粉寒天を入れて溶かす。

(3)    (1)に砂糖、レモン汁、(2)を加えて混ぜる。

(4)  器に流し込み冷蔵庫で冷やす。    

 ©山陰浜田港お魚料理教室(2018年)  管理栄養士 長野操子先生

このページに関するお問い合わせ先

  • 浜田市 産業経済部 水産振興課
    電話:0855-25-9520   メールアドレス:suisan@city.hamada.lg.jp

ページの先頭へ戻る