このページの本文へ移動

 

ノドグロ(アカムツ)

2017年 12月 12日

  • 印刷する

口の中が黒いことから「ノドグロ」と呼ばれています。
脂の乗りはトロにも匹敵するといわれ、身は柔らかく淡い紅色をしています。主成分はタンパク質と脂質。不飽和脂肪酸のEPAやDHAを含む。
触って硬いもの、目が澄んでいて背の赤が鮮やかで、腹が白いものを選びましょう。

 

旬な季節:9月~5月

 

・ノドグロの煮付け

 

●ノドグロの煮付け●

ノドグロの煮付け 

【材料】(6人分)

・ノドグロ……6尾

・人参…………200g

・砂糖…………大3

・水……………500cc

・オクラ………6本

・醤油…………120cc

・牛蒡…………210g

・酒……………250cc

・みりん………90cc

【作り方】

(1)     ノドグロの鱗を包丁の背を使い、身を傷つけないように尾から頭に向けて丁寧にとる。

(2)     エラから腹までまっすぐに切り、腹を開いて刃先で内臓をかき出し、流水できれいに洗う。

(3)     頭を左にし、十字に切り目を入れる。

(4)     調味料を鍋に入れ、ノドグロの表を上にして並べ入れる。

(5)     落としぶた(クッキングシートなど)をして強火で煮る。煮立ってきたら中火にして、時々煮汁をかけながら煮る。火を止める1~2分前に茹でた牛蒡・人参を入れ一緒に煮る。

(6)     茹でたオクラと牛蒡・人参を添える。

  ©山陰浜田港お魚料理教室(2016年)  管理栄養士 長野操子先生

 

 

このページに関するお問い合わせ先

  • 浜田市 産業経済部 水産振興課
    電話:0855-25-9520   メールアドレス:suisan@city.hamada.lg.jp

ページの先頭へ戻る