このページの本文へ移動

 

ブリ

2017年 12月 12日

  • 印刷する

出世魚として有名なブリは、成長するにつれて呼び名が変わります。その呼び名も地域で異なりますが島根県では、モジャコ、ツバス、ワカナ、ハマチ、メジ、マルゴ、ブリと呼び名が変わっていきます。
冬は脂が乗って美味。初夏はあっさりした味わいを楽しむことができる。タンパク質、脂質、ビタミンA、ビタミンD、ミネラルなどが豊富。
目が澄んでいて、エラの中が赤く、腹に張りがあり、黄色の線が鮮やかなものを選びましょう。

 

旬な季節:12月~2月

 

・ブリの照り焼き

 

●ブリの照り焼き●

ブリ照り焼き

【材料】(7人分)

・ブリの切り身…7切れ

・醤油…………大4

・みりん………大4

・小麦粉………適宜

・酒……………大2

・砂糖…………大1

・油……………適宜

 

 

【作り方】

(1)     ブリの切り身に軽く塩を振る。キッチンペーパーで水気をふき取り、小麦粉をつける。

(2)     を合わせておく。

(3)     フライパンに油をひき、(1)を焼く。8分目くらいに焼けたら(2)をまわし入れ、少し煮る。

  ©山陰浜田港お魚料理教室(2016年)  管理栄養士 長野操子先生

 

 

このページに関するお問い合わせ先

  • 浜田市 産業経済部 水産振興課
    電話:0855-25-9520   メールアドレス:suisan@city.hamada.lg.jp

ページの先頭へ戻る