このページの本文へ移動

 

ニギス(トンコロイワシ)

2018年 1月 30日

  • 印刷する

浜田市ではニギスのことを「トンコロイワシ」「沖ギス」とも呼んでいます。年中脂が乗っており、焼いて食べるとサンマにひけを取らないほどです。白身の魚でクセがなく、脂に独特の風味がある。
主成分はタンパク質で、脂質にはEPAやDHAを含み、ビタミンA、B1、B2も含む。
目が澄んでいて、身に張りがあり、みずみずしく透明感のあるもの、太っていて大きいものを選びましょう。

 

旬な季節:12月~2月

 

・ニギスのさつま揚げとフリッター     ・ニギスのアーモンド揚げ

・ニギスと人参のマリネ

 

●ニギスのさつま揚げとフリッター●

ニギスのさつま揚げとフリッター   

【ニギスのさつま揚げ・材料】(6人分)

・ニギス………12尾

・サニーレタス…100g

・片栗粉………大さじ2

・豆腐…………1/4丁

・スプラウト…1パック

・塩……………小さじ1/2

・長いも………60g

・トマト………3個

・味噌…………大さじ1

・ごぼう………100g

・スイーティー…適宜

・砂糖…………小さじ1

・揚げ油………適宜

・レモンドレッシング

 

 

【レモンドレッシング】

・オリーブ油…大さじ2

・酢……………大さじ1

・砂糖…………大さじ1

・レモン汁……大さじ2

・醤油…………大さじ1

 

 

【ニギスのフリッター・材料】(6人分)

・ニギス………6尾

・片栗粉………10g

・水……………40g

・小麦粉………40g

・ベーキングパウダー…小さじ1

・揚げ油………適宜

【作り方】

(1)     ニギスを3枚おろしにする。

(2)     豆腐は水を切る。

(3)     長いもは皮をむき、イチョウ切りにする。

(4)     (1)(2)(3)をフードプロセッサーにかける。

(5)     ごぼうをささがきにし、水にさらす。

(6)     (4)(5)をボウルに入れて混ぜ、俵型にする。

(7)     油で揚げる。

(8)     野菜サラダの準備をする。レタスをちぎる。スプラウトの根を切り取る。トマトを輪切りにす   る。スイーティーの皮をむく。

(9)     レモンドレッシングを作る。

  ©山陰浜田港お魚料理教室(2015年)  管理栄養士 長野操子先生

 

 

●ニギスのアーモンド揚げ●

ニギスのアーモンド揚げ 

【材料】(7人分)

・ニギス………7尾

・梅肉…………少々

・水……………適宜

・塩こしょう…少々

・大葉…………4枚

・スライスアーモンド…50g

・パルメザンチーズ…少々

・小麦粉………適宜

・揚げ油………適宜

【作り方】

(1)     ニギスの中骨を取り除き、塩こしょうをする

(2)     (1)にパルメザンチーズ・大葉・梅肉をのせて尾の方向にくるくる巻く。

(3)     (2)に小麦粉をつける。

(4)水溶き小麦粉にくぐらせ、スライスアーモンドをつけ、油で揚げる。

  ©山陰浜田港お魚料理教室(2016年)  管理栄養士 長野操子先生

 

 

●ニギスと人参のマリネ●

ニギスと人参のマリネ 

【材料】(7人分)

・ニギス………7尾

・油……………適宜

・酢……………大さじ2

・片栗粉………適宜

・にんじん……1本

・オリーブ油…大さじ1

・塩こしょう…少々

・玉ねぎ………1/2個

・塩……………小さじ1/2

・カレー粉……小さじ1/2

・レタス………少々

・砂糖…………小さじ1

 

 

・黒コショウ…少々

【作り方】

(1)     ニギスの頭と内臓を取り除き、1/2にする。

(2)     ビニール袋に(1)と(塩コショウ・カレー粉・片栗粉)を入れ、振るってまんべんなくつける。

(3)     フライパンに少し多めに油を入れ、(2)を転がしながらからりと焼く。

(4)     人参と玉ねぎを千切りにし、軽く塩をする。

(5)     を合わせてドレッシングを作り、(4)を加えてあえる。

(6)     (5)に(3)を加えて味を含ませる。

(7)     レタスを添えて盛り付ける。  

  ©山陰浜田港お魚料理教室(2016年)  管理栄養士 長野操子先生

   

 

このページに関するお問い合わせ先

  • 浜田市 産業経済部 水産振興課
    電話:0855-25-9520   メールアドレス:suisan@city.hamada.lg.jp

ページの先頭へ戻る